バレンタインデーまで残すところあと、一週間。今年はちょうど日曜ということもあり、特別なバレンタインデープランを立てている方も多いのでは? 

おいしい料理を堪能した後は、甘―いデザートと一緒に、大切な人とゆっくりステキなシネマをご覧になるのはいかがでしょうか? シネマは幸せな時間をもたらしてくれたり、恋人とのムードを盛り上げてくれたりなど、恋する乙女の力強い味方なのです。

こそで今日は、バレンタインデーに是非見ていただきたいシネマをご紹介いたします。

1. ショコラ
タイトルからお分かりのように、チョコレートにまつわるホットで甘~いお話。
町から町へ旅を続けるヴィアンヌと娘のアヌークはフランスの田舎町へたどり着き、そこで小さなショコラテイエを開きます。長い間静寂と秩序を守ってきた村長は、ミサに参加しようとしないヴィアンヌが気に食わず、様々な方法で嫌がらせをします。しかし、芯が強く優しいヴィアンヌは次第に村人の心をおいしいチョコレートでとかしてゆくのでした。ヴィアンヌはチョコレートの好みを当てる天才。みなさんは大切な人のチョコレートの好みを当てられますか?

チョコレートは媚薬の一つと信じられています。媚薬とは恋愛感情を起こさせたり、精力剤として使われる薬のことを言いますが、似たような成分は様々な食品にも含まれているのです。その一つがカカオ。気になる彼の心を射止めるために、甘いチョコレートをプレゼントするのもうなずけますよね。

おすすめスイーツ:ホットチョコレート

2. アメリ
フランス、モンマルトルに住むアメリはちょっと変わった女の子。彼女の楽しみはクリーム・ブリュレのパリパリの表面をスプーンで割ることと、ちょっとしたいたずらで人を幸せにすること。想像力は豊かだけれど、周りとうまくコミュニケーションが取れないアメリには、最近気になる彼がいるのです。風変わりなアメリはどのように彼にアプローチするのでしょうか?レトロでシュール、不思議な世界を味わえるブラックユーモアいっぱいのカワイイ話です。

おすすめスイーツ:クリーム・ブリュレ

3. 幸せのレシピ
ニューヨークのレストランで料理長を務めるケイト(キャサリーン・ゼタジョーンズ)は仕事一筋の完ぺき主義者。料理の腕は一流なのですが、自分にも周りにも厳しすぎるところがたまにキズ。突然、不運なアクシデントのために姪を引き取ることに。さらに、レストランに新しく入ってきたニックのクッキングスタイルはケイトと正反対。はじめはぶつかり合う二人ですが、次第に彼の意外性に惹かれていきます。
頑張りすぎてしまう女性に是非おすすめしたい映画です。

おすすめスイーツ:ティラミス

4. ラブ・アクチュアリー
ヒュー・グラント、エマ・トンプソン、キーラ・ナイトレイなど豪華キャストが送るラブストーリー。キュンとなる初恋、言葉が通じない相手への思い、長い時間をかけて築いてゆく愛情、そして口に出せない切ない恋愛。世界には様々な愛が溢れています。みんなそれぞれ複雑な心境を乗り越えながら幸せをつかんでいくのだなぁと思わせてくれる映画です。

おすすめデザート:チョコレート・ボンボン

5. 恋とスフレと娘とわたし
女手一つで三姉妹を育てたダフネ(ダイアン・キートン)は、チャーミングだけれど恋愛に関してはとっても不器用な末娘のミリー(マンディー・ムーア)のことが心配でたまりません。そこで、ミリーにぴったりの恋人を見つけるために、「恋人募集」の広告を出してしまうのです。やり過ぎでおせっかいな母親ですが、これもすべて娘の幸せを願ってのこと。でもやっぱり、彼は自分で見つけたいものですよね?

おすすめデザート:カップケーキ

みなさん、ステキなバレンタインデーを過ごしてくださいね。

Comments are closed.