2001年9月11日、沢山の人が最愛の人を失いました。理不尽な出来事に直面した人々は、どのようにして毎日を生き抜いていったのでしょうか。『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、父親を失った9歳の少年が、少しずつ真実を受け入れていくストーリーです。 (more…)