ジェームズ・マカヴォイ

ジェイン・オースティン

イギリス古典文学の女王、ジェイン・オースティン。いつの時代も女性は恋焦がれるもの。もちろん、18世紀から19世紀、ジェイン・オースティンの時代も例外ではありません。

娘の結婚に必死になる両親や、うわさ話に花を咲かせる女の子達、出会いの場となるパーティでの振舞い方、好きな人との手紙のやり取りなど、イギリスの中流階級をきめ細やかに描いたジェイン・オースティンの作品は、現代を生きる私たちにも共有できる部分が沢山あります。

さて、そんなジェイン・オースティンの生涯唯一といわれる恋を描いたのが『ジェイン・オースティン 秘められた恋』です。  (more…)