1942年に行われたパリ市内でのユダヤ人一斉検挙、「ヴェルディヴ」の犠牲となった少女サラと、強制収容された家族のアパートを借りることになったジャーナリストのジュリアのストーリーが交錯する映画、『サラの鍵』。ある歴史の接点が真実を紐解き、人々を結びつけ、明日を生きる希望の光と変えてくれる物語です。

(more…)