ワタシネマの管理人、ファイアンめぐみです。

今回ご紹介するのは、『シシリアン・ゴースト・ストーリー』です。1993年にシシリアで実際に起きた誘拐殺人事件に着想を得たファンタジーで、「美しくも切ない幻想的なラブストーリー」と謳われていますが… 

あらすじ
シチリアの小さな村に暮らすルナは、同級生のジュゼッペに想いを寄せる少女。彼にラブレターを渡し、二人で楽しい時間を過ごしたのもつかの間、突然、ジュゼッペが姿を消してしまいます。ルナは彼の家を訪れるも追い返され、母親からはもう関わるなと叱られる… 謎だらけの失踪を受け入れられず、懸命に彼の行方と失踪事件の真相を追うのですが…

本当にあった誘拐殺人事件がもとになっているというところが、なんとも悲しく、恐ろしい。
この映画はルナとジュゼッペの視点で紡がれていくのですが、理不尽な大人が作った歪んだ世界の犠牲になる子供の姿に、胸が締め付けられます。

マフィアであるジュゼッペの父親。
ジュゼッペがいなくなり、精神が不安定になるジュゼッペの母親。
冷酷で潔癖なルナの母親。
そんな母親に逆らえないルナの父親。
役立たずなシシリア警察。
そしてもちろん、自分たちのために子供を誘拐し、監禁するマフィアたち…

ルナとジュゼッペが直面する現実の世界はあまりにも残酷で、あまりにも孤独。だからこそ、子供たちはときに“夢の中”へ逃げていくのかもしれません。監禁されたジュゼッペは、ルナからもらった手紙を読み、彼女に会いたいと強く願います。ルナはそんなジュゼッペの気持ちを感じ取り、何としてでも彼を助けだそうと必死になります。

二人の想いがつながるときーー 二人はどんな世界を見て、どんな想いを伝え合うのでしょうか。

決して楽しい映画とは言えませんが、歪んだ世界で必死に生きる子供たちの強さと純粋さをひしひしと感じられる物語です。

歳を重ねると、しがらみや世間体に縛られ、本心にしたがって動けなくなることがあります。「しょうがない」と諦めてしまったり、「周りはこうやっているから」と流されてしまったり。でもこの妥協や諦めが、世の中の歪みの原因なのかもしれないと思いました。

劇中に出てきた大人はわたしの反面教師です。理不尽な大人にならないよう、ルナのように自分にとって本当に大切なものに忠実に生きていきたい。そう思わせてくれる映画です。


「大人の歪んだ世界の犠牲になる子供たち」の姿を映し出した映画は他にもあります。

『パンズ・ラビリンス』
スペイン内戦下。臨月の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる冷酷な義父のもとへとやって来た空想好きの少女は、不思議な妖精に導かれて森の中の不思議な迷宮へと迷い込んでいくが…

『縞模様のパジャマの少年』
第二次大戦下のドイツ、ベルリン。8歳の少年ブルーノは、ナチス将校である父の仕事の関係で、殺風景な片田舎に建つ屋敷に移り住む。ある日、有刺鉄線のフェンスに囲まれた“農場”に住む、縞模様の“パジャマ”を着た同い年の少年と出会い、次第に奇妙な友情を育んでいく…

『誰も知らない』
2DKのアパートに引っ越してきた母親と4人の子供たち。兄妹たちは父親がみな別々で、学校に通ったこともない。母親がデパートで働き、長男が兄妹の面倒を見ていたが、ある日母親は、わずかな現金を残して突然家を出ていってしまう…

*あらすじはallcinemaの内容を一部引用・参照しています。

Comments are closed.