♡ヒロインならこうする♡


A1
.ジェリーからの最後の手紙の引用です。
Dear Holly,…there is only one thing left to tell you…It’s to tell you how much you move me, how you changed me. You made me a man, by loving me Holly. And for that, I am eternally grateful… literally. If you can promise me anything, promise me that whenever you’re sad, or unsure, or you lose complete faith, that you’ll try to see yourself through my eyes. Thank you for the honor of being my wife. I’m a man with no regrets. How lucky am I. You made my life, Holly. But I’m just one chapter in yours. There’ll be more. I promise. So here it comes, the big one. Don’t be afraid to fall in love again. Watch out for that signal, when life as you know it ends. P.S. I will always love you.

(ホリーへ、もう時間がないんだ。最後にこれだけは言いたい。僕を愛してくれてありがとう。君のおかげで僕は男になれた。永遠に(文字通り)感謝している。でも一つだけ約束してくれ。もし君が悲しいときや不安なとき、何も信じられなくなったときは僕の目を通して自分を見て欲しい。僕の妻でいてくれてありがとう。後悔なんかこれっぽっちもない。世界で一番幸せな男だよ。君は僕の人生のすべてだった。だけどね、僕は君の人生の一章でしかないんだ。これから続きが始まる。大切な章が。愛することを怖がらないで。人生はいつかは終わってしまう、だからサインを見逃さないで。P.S.いつまでも愛しているよ)

読んでいるだけで泣けてきてしまう手紙ですよね。だけど残された側としてうれしいのは、これからの人生を「大切な章」といってくれていること。大切な人はいなくても、彼との思い出や彼から学んだことで、ベストな自分でこれからを過ごせるようなきがします。

A2.ホリーが向かった先は母親の所。ホリーがまだ小さい頃に夫が去り、女手一つでホリーを育てたパトリシア(キャシー・ベイツ)はホリーとジェリーの結婚に反対していたのでした。その理由は、ホリーがたった19歳で結婚を決めてしまったから。自分と同じ過ちを犯して欲しくない。にもかかわらず、ジェリーに先立たれたホリーは一人ぼっちに。
パトリシアは母親としての今の心境を素直にホリーに伝えました。

You know the worst thing for a parent… second after losing a child? Watching your child head for the same life you had. You can’t stop it. It’s a terrible, helpless feeling. Makes you angry all the time. And I’ve been angry. For a very long time. I’m exhausted.

(親にとって悲しいことは、子どもに先立たれること、そして、子どもが自分と同じ道を行くのを止められないこと。悔しくて、どうしようもない。怒りがこみ上げてきて、止められない。もう、つかれちゃったわ)

最初は、励ましの言葉さえくれない母親に怒りを感じていたホリーですが、彼女の素直な言葉を聞いてなぜか救われるのでした。

A3.ジェリーの実家のあるアイルランドを再び訪れたホリー。ジェリーの両親に会い、ジェリーが育った庭を散歩する。ささやかだけれど、今までできなかったことを少しずつ実現させていきます。ジェリーを失ったのは自分だけではない。そして、ジェリーからもらった宝物はけして消えないことを再確認した旅。

A4.当時の彼女はワクワクに満ち溢れていました。具体的に何をしたいのかは分からないけれど、ものをつくり、自分表現することの楽しさを目をキラキラ輝かせながら語っています。

A5.夢を実現するために、デザインスクールへ通いだしたホリー。好きなことに没頭する充実した毎日を送り、ようやく悲しみを乗り越えられたよう。そして、結婚を控えた親友とも話せるようになり、壊れかけていた友情も回復!

♡ヒロインになるには♡★最後に相手に伝えたい言葉を今日、大切な人に伝えてみてください。恥ずかしいかもしれないけれど、やっぱり、面と向かって相手に伝えたいですよね。それに私たちはいつが人生の最後になるのかわからないですもんね。

★同じ経験をしているのは自分だけではない。みんなそれぞれつらい経験をし、乗り越えてきた。相手を思いやれる気持ちが感じられるようになったら、一歩前進できた証拠です。

★悲しいときって、失ったものに気を取られがちですよね。けれど、つらい経験から得たものだって多いはず。初心に帰って楽しかった頃を思い出してください。そしてその経験がどのようにして自分を変えてくれたのかを。

★思い立ったが吉日、というようにピンときたらまず行動に移してみましょう。頭で悩むより、実際に動き、少しでも前進してみる。そうすれば夢は確実に近づいていくはず。

Comments are closed.