シグニチャーカラー

Leggaly Blonde_Fashion

デートのために友達と一緒に洋服を選ぶエル。

ブルーのドレスを着た彼女をみて、親友のセレナがこう言います。
「なんで自分のシグニチャーカラーを無視しちゃうのか分からない。」

もちろんエルのシグニチャーカラーはピンク。映画の中では存分にピンク色のファッション披露してくれますよね。
みなさんは自分に似合うシグニチャーカラー(パーソナルカラーとも言います)をご存知ですか?肌や髪の色、雰囲気や体型によって似合う色は人それぞれ。しかも好きな色と似合う色って違ったりするんですよね。もしみなさんが私のように自分のシグニチャーカラーを知らないなら、エルのように信頼できる友達と一緒に買い物をすることをおすすめします。

センスある販売員も頼りになるのですが、やっぱり正直に何でも言ってくれるのは友達ですよね。みなさんの好み、性格、そしてシチュエーションを十分に理解してくれる友達は力強い味方なのです。

WATACINEMAへようこそ!

「映画を通じて日本の女性を元気にしたい!」という願いからWATACINEMAはオープンしました。忙しくて時間がない女性、リラックスしたいけれど、スキルアップも欠かせない、自分に自信がない、何となくやる気が出ないなど、現代女性の悩みは様々です。

そこで私が提案するのがCINEMAセラピー。たくさんのヒロインからHAPPYの秘訣を学びませんか?恋愛体質になる方法、スキルアップの秘訣、ひとり時間の楽しみ方、ファッションセンスの磨き方、そしてポジティブ精神の育て方など、すぐに取り入れられる具体的な方法を見つけていきます。たったの2時間、好きな映画から元気をもらい、日常生活にちょっとしたスパイスを加えて、ステキなあなたを実現してください。
みなさんが今日から自分の人生のヒロインになれるよう心から祈っています。

Be the Heroine of Your Life!