春、馴染みのある顔に別れを告げて新生活を始める人も多いのでは?
新しい場所で新たな生活を始めるってすごく勇気がいることです。
友達や同僚とうまくやっていけるのか、知らない町に馴染めるのか、一人で寂しくならないのか…
不安なことは沢山ありそうですが、まっさらな自分で一からスタートするってすごくわくわくしませんか?

今日は皆さんと同じように、新しい町で頑張るヒロインが登場するステキな映画をご紹介します。 

コヨーテ・アグリー
ニュージャージー州の小さな町に住むバイオレットは、シンガーソングライターを目指し大都会ニューヨークへと向かいます。時にエキサイティングで、時に冷たい空気が漂うニューヨークで、右も左も分からないバイオレットは自分の夢を叶えることができるのでしょうか?

自分で作ったデモテープを持って売り込みをする彼女ですが、どこへ行っても門前払い。
どんなに断られてもめげないところがステキです。はじめはちょっとドン臭い彼女ですが、バーで出会ったケビンや「コヨーテ・アグリー」のボスのリル、そして一緒に働く個性溢れる仲間たちに刺激を受けながら、次第にニューヨークの生活に慣れていきます。アパートの屋上で作詞・作曲をしたり、バーのカウンターの上で踊ったり、少しずつだけれど一歩一歩確実に夢に近づく彼女から元気をもらってください。
刺激的な場所に行ってみたい人、必見です。

魔女の宅急便
ご存知、ジブリの名作です。

魔女は13歳になると独り立ちをするために家を出なくてはなりません。小さな魔女のキキと黒猫のジジは満月の夜に海の見える町を目指し旅立ちました。飛ぶことしか取り柄がないキキは新たな町で空飛ぶ宅急便をはじめるのですが……
たった13歳で親元を離れたキキは沢山のステキな出会いを通じて成長していきます。

パン屋のおかみのおソノさん、飛ぶことが大好きなトンボ、絵描きのウルスラなど、キキが出会う人々はみんな優しくてお人よし。いつもまっすぐで一生懸命なキキを温かく迎えてくれます。おっちょこちょいなところもあるけれど、そこが彼女のチャームポイントですよね。キキのような魔女子さんが私の町に現れたら思わず助けずにはいられないかも。

大好きな映画の一つです。

さて、新しい生活を始めるとしたら、みなさんはどんな町へ行きたいですか?
バイオレットが向かったネオンが輝く大都会?それともキキが目指した海の見える町?

私はキキ派ですね。小さくてもいいから、おいしいベーカリーや町のシンボル的な時計塔が在って…ちょっと坂道を登ると海がみえるようなかわいらしい町。

4月、新しい生活は始まったばかりです。
これからきっとステキな出会いが沢山待っているはず。
けれど、落ち込んだときはちょっと一休みして頑張るヒロイン達から元気をもらってください。
頑張ってくださいね。

Comments are closed.