Chicago

絵(シネマ)になる町、シカゴ

イルマーレの舞台となっているシカゴ。建築家のアレックスが映画の中でケイトに自分の好きな建物を紹介する場面がありますが、実はシカゴはステキな建築の宝庫なのです。 

私自身、出身大学がシカゴから車で3時間程度のところにあったので、シカゴにはよく遊びに行きました。インテリアデザインを勉強していた私にとって、新しいデザインや素材、そして公共建築や住宅デザインを学べるシカゴはあこがれの場所でした。シカゴをこよなく愛するアレックスの気持ちがとってもよく分かります。

シカゴではユニークな形をしたモダンな高層ビルの中に橋や公園、教会などといった古きよき建築物が混在しています。ミシガン湖へ流れるシカゴ川はダウンタウンを貫き、シカゴの建築物を紹介するツアーボートもあるんですよ。古くからある市電電車(Chicago Rapid Transit Company)は今もなお多くの人の足となって毎日活躍しています。そして、ビーチサイドにはミシガン湖の眺めを最大限に利用した、高層アパートが立ち並んでいます。

様々な顔を持つシカゴを舞台にした映画は沢山あります。ここで少し紹介しますね。

あなたが寝てる間に
シカゴの市電電車(通称エル)で切符切りとして働くルーシー(サンドラ・ブロック)は、ひょんなことからあこがれの相手を救い出すことに。この出来事をきっかけに彼の家族との交流が始まります。長い間ひとりで過ごしていたルーシーを温かく迎える家族、そしてちょっと気になりだした相手は、、、シカゴの町並みが楽しめるロマンティック・コメディーです。

マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
シカゴ郊外に住むギリシャ人トゥーラ(ニア・ヴァーダロス)は30代、独身。家族が経営するギリシャ料理レストランでウェイトレスをしている。父親はトゥーラが良いギリシャ人の男性を見つけ結婚をして欲しいと強く願っています。しかし、トゥーラが恋に落ちた相手は白人の温和な男性、イアン(ジョン・コルベット)。個性が強すぎるトゥーラの家族はイアンを受け入れることができるのでしょうか?

アイ、ロボット
人々の日常生活にロボットは無くてはならない存在になっている2035年のシカゴ。人口知能を持ちすべてを完璧にこなすロボットに誰もが絶大の信頼を置いています。そんな中、ロボット開発のリーディング企業で働く、ラニング博士が自殺を図るという事件が。そして、なぜかロボットを毛嫌いするスプーナー刑事(ウィル・スミス)がこの事件の担当に。これは自殺なのか、それとも、、、近未来のシカゴがどのような変化を遂げているのかは見てのお楽しみ。

ベスト・フレンズ・ウェディング
親友が結婚してしまう!?びっくりするニュースで自分の本当の気持ちに気付くことってありますよね?ジュリアン(ジュリア・ロバーツ)もその一人。結婚式を阻止するためにシカゴへ降り立つジュリアン、結果はいかに?結婚式という一大イベントが絡んだ設定のため、シカゴのホテル(ドレイクホテル、ヒルトンホテル)やボート(建築ツアーを行っているボードです)、そして教会(フォース・プレスビテリアン教会)など華やかな場所が数多く登場します。

逃亡者
妻の殺人犯として濡れ衣を着せられてしまったDr.キンボール(ハリソン・フォード)。真犯人を突き止めるためにシカゴの町を疾走します。シカゴ市内を走る電車エルが皮肉にも、キンボールの居場所を暴いてしまうプロットが印象的。ハラハラドキドキ満載のサスペンスです。

シカゴ
スターになることを夢見るロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)は刑務所で偶然にも、シカゴのトップスター、ヴィルマ・ケリー(キャサリン・ゼタジョーンズ)と出会います。敏腕弁護士のビリー(リチャード・ギア)のおかげで一躍有名になり、無罪という判決をも手にする。釈放後にはスターの道をまっしぐらのはずだったけど、、、その名の通り、舞台はシカゴ。1920年代の設定なので現在のシカゴの風景はあまり出てこないかも。

映画を通じてシカゴが誇る様々な魅力を発見してみるのも楽しいかも。

Comments are closed.