素敵なヒロイン

ライター必見『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

自身がライターという仕事をしているせいか、女性ジャーナリストやライターという役が出てくる映画を観る時は、ちょっとうきうきしてしまいます。彼女たちがどのような信念をもって仕事に臨んでいるのか、どんな働き方をしているのかなど、どの映画にも学びのポイントが沢山つまっていて、とっても励みになるのです。

『ヘルプ~心がつなくストーリ~』もその一つ。 (more…)

鉄の女の涙に隠された苦悩

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
さすが、メリル・ストリープ。
この映画は彼女だからこそ見ごたえのある秀逸な作品になったと思わずにはいられません。

はずかしながら、私の英国政治に関する知識は薄く、女性首相が存在したという事実でさえ、この映画で初めて知ったのです。しかもサッチャーが首相を務めたのは、ベルリンの壁が崩壊された80年代から1990年までと大昔というわけではありません。彼女が非常に身近に感じられたのも納得です。 (more…)

スピリチュアルで芯の強い『ポカホンタス』

ずっと観たかったディズニー映画『ポカホンタス』、ついに鑑賞できました!!
1995年に公開されたこの作品は、実在した人物の物語りをアニメーション化するという、ディズニーアニメーション初の試みでした。アニメーターや監督はポカホンタスに関して綿密なリサーチを行ったのですが、ポカホンタスに関する歴史的資料は希薄だったようで、完成したストーリーには逸話や民話から得た脚色が加わっています。 (more…)

『デンジャラス・マインド』の処方箋

ミシェル・ファイファーが新米教師を演じる『デンジャラス・マインド』。ヒラリー・スワンク主演の『フリーダム・ライターズ』と内容が似ているのですが、問題を抱えた生徒達に親身に寄り添い、彼らの可能性を信じて諦めない教師の物語は見ていてとっても清々しかった!今回は熱血教師の重要さと、言葉の力について語りたいと思います。 (more…)

『サラの鍵』が明かす公にされなかった過去

1942年に行われたパリ市内でのユダヤ人一斉検挙、「ヴェルディヴ」の犠牲となった少女サラと、強制収容された家族のアパートを借りることになったジャーナリストのジュリアのストーリーが交錯する映画、『サラの鍵』。ある歴史の接点が真実を紐解き、人々を結びつけ、明日を生きる希望の光と変えてくれる物語です。

(more…)