社会について学ぶ

究極の自由を求めて『イントゥ・ザ・ワイルド』

1992年、アラスカの荒野でクリス・マッカンドレスという青年の遺体が発見されました。24歳という若さで人生を終えたクリス。謎多き青年の死は全米で大きなセンセーショナルを起こし、誰もが彼の物語りに好奇心を抱きました。彼が辿った最後の2年間を忠実に映像化したのが『イントゥ・ザ・ワイルド』。青春ロードムービーとはかけ離れた、人間と自然、本当の幸せという壮大なテーマを扱った映画です。 (more…)