突然のガン宣告を受け、戸惑う青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の日々をリアルに描いた『50/50』

余命わずかな主人公を扱った映画は今までにも多く作られてきましたが、『50/50』はお涙頂戴系では決してありません。そして限られた人生を一生懸命生きようと主人公が更生するドラマチックなものでもありません。これは、生存率50%のガン宣告を受けた青年の手探りの日々をありのままに描いた作品です。

「きっと良くなるよ」とたやすく声をかける同僚たち。重病を負った彼を重荷に感じる恋人。心配性で子離れできない母親… 患者には病気と闘うという使命があるのに、人間関係までにわだかまりが生まれ…

この映画を観て思ったのは、ガン宣告を受けるのは患者だけではないということ。その重圧は家族や恋人、友人にだってのしかかるのです。普通に接するってどういうこと? どんな言葉をかけてあげればいいの? 明るく振舞っていいの? むしろ現実を直視できないのは周りの人なのかもと気付かせてくれます。

そんな中、今までと同じように接してくれるのが親友のカイル(セス・ローゲン)。下ネタ好きで自己中なのですが、彼のいつもと変わらない振る舞いがアダムに安らぎを与えてくれます。ガン治療で出会ったおじさんたちのユーモアは、アダムの不安を中和してくれる。そしてアダムの担当になった新米カウンセラー、キャサリンの真摯さはいつしか頑なになったアダムの心に届いていく。
不安や憤りと一緒に笑いや愛がある。まさにシリアスとコメディーが50/50に入った映画です。

ガン告知は死の宣告ではなく、人生のの通過点でしかない。悲しみに落ちるのも自分次第、上を向いて歩くのも自分次第なんですね。

これから公開される『ラブ&ドラッグ』『私だけのハッピー・エンディング』なども難病をテーマにした作品です。さて、これらの作品は病気をどのように扱っているのでしょうか。楽しみです。

Comments are closed.