観てきました!『glee/ グリー ザ・コンサート 3Dムービー』。

私の大好きなフィン(コリー・モンテース)を3Dで観れるなんて~♪ なんて幸せな84分。
シーズン1&2で歌われた人気ナンバーが沢山詰まった映画ですよ~。

コンサート内容と同時進行で語られるのは、熱狂的なファンたちのストーリー。グリーク(Gleek)と呼ばれる彼らはただの追っかけファンではない! グリーから勇気と元気をもらい、自分や自分と違う人達を受け入れる心を学び、それぞれが一歩ずつ前に進み、自分の人生を謳歌しているステキなファンたちばかり。

ハイスクール・ドラマはこれまでも沢山見てきましたが、これほどまでに影響力のあるドラマはあったでしょうか? しかもその影響はポジティブ・パワー全開で、どんどん周りに広がっている。ティーンエイジ特有の問題(いじめ、友達、恋愛、カミングアウト、勉強、アルコール…)を扱っているのですが、gleeのメッセージは世代を超えて伝わっているようです。スクリーン上でも、子どもから大人まで沢山のファン達がカメラに向ってグリーを応援していました。

ちょっと残念だったのは、メルセデス(アンバー・ライリー)とカート(クリス・コルファー)の出番が少なかったこと。アンバー・ライリーの声って奥深くって、広がりがあって、すっごく好きなんです。主役のリア・ミッシェルの声よりもキレイなのでは?と思ってしまうほど。実はこの美声の持ち主、ビヨンセ・ノウルズの主演映画、『ドリーム・ガールズ』のオーディションを受けた一人なのです。ご存知の通り、ドリーム・ガールズにはなれませんでしたが、グリーのキャストに抜擢され、ニュー・ディレクションの一員として、力強い歌声を披露してくれています。
カートを演じるクリスの声は透明感があって美しすぎる! できれば彼に、『ウィキッド』の「Defying Gravity(自由を求めて)」か、ブレインとのデュエットを歌って欲しかった…

さて、ここで注目したいのがシーズン2から登場している、ブレイン(ダレン・クリス)。ニュー・ディレクションの競争相手であるウォブラーズでソロを務めている彼ですが、すっごくすっごくチャーミング!! ミュージシャンであり、自分で作曲するせいか、曲の魅せ方を知っている。パフォーマンスが上手すぎです。ウォブラーズが歌うのは「Silly Love Songs」「Teenage Dream」 「Raise Your Glass」の3曲。絶対楽しめますよ♪

『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』は2週間という限定上映です。
グリーキャストを見れるのは10月7日までですよ~。
負け犬達が歌い上げる応援歌、是非お見逃しなく。

Comments are closed.