2001年9月11日、沢山の人が最愛の人を失いました。理不尽な出来事に直面した人々は、どのようにして毎日を生き抜いていったのでしょうか。『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、父親を失った9歳の少年が、少しずつ真実を受け入れていくストーリーです。

普段から周りと馴染めず、人と話すのが苦手だったオスカー(トーマス・ホーン)。人ごみや騒音に不安を感じ、橋の上や地下鉄の中ではパニックに陥ってしまう。そんな彼のために、父・トーマス(トム・ハンクス)はニューヨークの秘密を探る探検を企画します。オスカーはこの謎解きに夢中になり、次第に対人恐怖症を克服していくのですが、突然起こった悲劇に当惑してしまいます。

息子を誰よりも理解してくれていたのが父親のトーマス・シェル。トム・ハンクスが演じたトーマスは、懐が広く、頼りになる理想の父親でした。周りと少しだけ違うオスカーを心から愛し、受け入れてくれる父親。父と息子の絆があまりにも深く、かけがえのないものだっただけに、オスカーが失ったものの大きさは計り知れない。

父親が残した留守番電話のメッセージを何度も何度も聞き返し、父親が生きていた証にすがりつきたい… けれど、次第に父親が自分から離れてしまうのを感じるオスカー。悲劇から1年後、意を決して父親のクローゼットに足を踏み入れると、偶然にも小さな封筒に入った鍵を見つけます。封筒に書かれた文字は「Black」。これは父親が自分のために残した最後の謎解きだと確信したオスカーは、「Black」という人物を探す冒険に繰り出すのです。彼はいったい何を見つけるのでしょうか?

なんといってもキャスティングが素晴らしい! 父親を演じたベテラン俳優、トム・ハンクスは誰もが憧れる素晴らしい父親を演じました。彼がいるだけで周りがぱっと明るくなるような、絶対的な安心感を与えてくれる男性です。

父親と対照的な母親を演じたのがサンドラ・ブロック。仕事に疲れ、息子を上手く理解できずに胸を痛める母親役を見事に演じていました。夫であり、息子の良き理解者だったトーマスを失い、息子との距離がさらに開いてしまいます。
母親に心を閉ざしてしまうオスカーは、
“I wish it were you in the building instead of him.(ビルにいたのが父さんじゃなくて、母さんだったらよかったんだ)”と言ってしまいます。
“So do I.(私もそう思っている)”と答える母親の顔があまりにも悲しい。

そして、注目すべきはこれが映画初出演となるオスカー役のトーマス・ホーン君。映画関係者がアメリカのクイズ番組に出ていたトーマス君を見てスカウトしたのだそう。

突然、大切な誰かを失った時、私はどうなってしまうのだろう。

そう思わずにはいられません。理解不能な出来事に直面した時、どうやって心の整理をつければいいのでしょう。絶えられないほどの悲しみに心を閉ざし、自分を防御する人。同じ経験をした人と感情を共有しあう人。今まで通りの生活を送り続ける人。心の整理をする方法は人それぞれで、どれが良くて正しいのかは本人しか分からない。

「鍵の謎」を解いたオスカーは父親の死を受け入れられるのでしょうか?そして、母親との距離は縮まるのでしょうか。

Comments are closed.