クレイアニメーションの映画『メアリー&マックス』。ちょっとシュールで癖のあるキャラクターが愛らしさを醸し出していたのですが、内容は予想以上に重かった…

あらすじ
オーストラリアに住む8歳の少女メアリーは、剥製作りに没頭する父親と、シェリー酒中毒の母親と共に暮らしているのですが、冴えない容姿と内気な性格のせいであまり友達がいません。ある日彼女は、知らない誰かに手紙を書いて友達になってもらおうと思いつきます。手紙の行き先はアメリカに住む中年男性のマックス。孤独な生活を送っていたマックスは、突然の手紙に驚くも、メアリーの生活に共感し、彼女が抱く疑問に丁寧に答えていきます。孤独に生きてきた二人は手紙を通じて少しずつ友情を深めていくのですが…

この物語は、アダム・エリオット監督の実体験を基に作られているそうです。彼自身にもニューヨークにペンパルがいたよう。

「不器用だけど温かい」という謳い文句はあるものの、主人公のメアリーとマックスの境遇があまりにも悲惨なことにびっくり。オーストラリアに住む8歳の少女メアリーは、泥水色の目をし、おでこには大きなアザがあります。アルコール中毒の母親から、自分は間違ってで生まれてきたと言われてしまうし、友達もいない。一方、マックスは、巨体で社会に馴染めない中年男。孤独と不安に苛まれる日々を送っています。アスペルガー症候群をわずらっているため、対人関係が上手くいかず、ちゃんとした仕事にもつけない。

育児放棄、孤独、アスペルガー症候群、肥満、パニックアタック、うつ、など、かなり重たいテーマを扱ったストーリーです。純粋で憎めないメアリーとマックス、シュールなファンタジー調のデザイン、クレイアニメーションという手法だからこそ、このようなテーマをエンターテイメントとして受け入れることができるのでしょうか。

観ていて辛い箇所もあるのですが、20年以上も続いた二人の友情の尊さをストレートに感じる映画です。

心を打ち明けられる誰かがいるって幸せなこと。励まし合い、慰め合い、時に傷付け合いながら、つながる関係。万人に愛されなくてもいい。たった一人からでもいいから「君がいてくれて良かった」と言ってもらえる存在に私もいつかなれればなぁ。

Comments are closed.