ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスが共演するラブ・コメディー、『ステイ・フレンズ』。プロットは最近よくある体から始まる恋愛関係(アシュトン・カッチャーとナタリー・ポートマンの『抱きたいカンケイ』やアン・ハサウェイの『ラブ&ドラッグ』など)。

さて、これって皆さんアリだと思いますか??

私個人的にはアリです。だって、SEXの相性ってとっても大切だと思うし、出会い方が多様化してる今、関係の始まり方も多様化してもいいのでは? そもそも、女性って魅力を感じている相手としか寝れないと思うので、ちょっといいかも?なんて思っている相手と、恋愛関係になる前に体を重ねてみて相性を確認するのもいいですよね? ちょっと合理的過ぎですか?

もちろん、体を重ねた後の微妙で複雑な二人の関係にしっかりと責任を取る必要がありますが……

露骨で正直なSEXジョークやきわどいコメントが沢山詰まっているけれど、下品じゃないのがこの作品の良い所。自分が気持ち良いと感じる部分や、何をどうして欲しいのかを相手にストレートに伝えながらのSEXは業務的で、色気も無いし、ムードもぶち壊しだけど、こんな風に相手に正直になってもらえると嬉しいかもと思ってしまうのは私だけじゃないはず。

ジャスティン・ティンバーレイクが演じるのはネットで成功を収めたLA在住の起業家。ミラ・クニスが好演するのはNYで働くバリキャリのヘッドハンター。仕事一筋でしかも成功している二人だからこそ、恋愛にも合理性を求めてしまうのかも。自分の思い通りにいかない、すぐに結果が出ない、何が起こるか分からないのが恋愛。それが恋愛の醍醐味であり難しいところ。だからこそ恋愛って楽しいんですけどね~

話題やセリフが旬な内容ばかりで、イマドキ感たっぷりのセフレ事情。面白いです。

P.S.
個人的には胸が小さな女優がラブコメの主役を演じているのが嬉しい!!
頑張れ小乳ヒロイン達(←もっとステキな言い方は無いのかしら…)!

Comments are closed.