Les Miserables

Some rights reserved by Nomadic Lass

『ワタシネマ』の管理人、ファイアンめぐみです。

新年最初に私が観た映画は『レ・ミゼラブル』でした!
予告編を見た瞬間から、絶対に劇場で見ようと決めていた作品です。

注目したいのは、なんといっても豪華キャスト。

主人公のジャン・バルジャンヒュー・ジャックマン
日本ではウルヴァリン役でアクション俳優として知られている彼ですが、実は彼、「オクラホマ!」や「美女と野獣」など、数々のミュージカルをこなしてきた、歌える役者なのです。

ジャン・バルジャンを執拗に追い続けるジャべール警部を演じるのは、ラッセル・クロウ。彼も実は、俳優業と平行し、バンドのヴォーカルとして活躍しているそうです。ヘビースモーカーの渋~い声がセクシー♪

ファンテーヌアン・ハサウェイ。私が予告編で見たのはアンが歌う「夢やぶれて」でした。演技力と歌唱力が重なり合い、鳥肌もののシーンに仕上がっています。

ファンテーヌの娘、そしてジャン・バルジャンが引き取ることになる少女、コゼットに抜擢されたのが、アマンダ・セイフライド。マンマ・ミーアで彼女の美声は世界に知れ渡っているのですが、この映画ではもっとピッチの高い天使の歌声を披露しています。

3時間という超大作。しかも物語のほとんどが曲で展開されている本当のミュージカル映画。全く飽きることなく鑑賞できました。

ここに、「夢やぶれて」の英語歌詞を載せます。

I Dreamed a Dream

There was a time when men were kind
When their voices were soft
And their words inviting
There was a time when love was blind
And the world was a song
And the song was exciting
There was a time
Then it all went wrong

I dreamed a dream in time gone by
When hope was high
And life worth living
I dreamed that love would never die
I dreamed that God would be forgiving
Then I was young and unafraid
And dreams were made and used and wasted
There was no ransom to be paid
No song unsung, no wine untasted

But the tigers come at night
With their voices soft as thunder
As they tear your hope apart
As they turn your dream to shame

He slept a summer by my side
He filled my days with endless wonder
He took my childhood in his stride
But he was gone when autumn came

And still I dream he’ll come to me
That we will live the years together
But there are dreams that cannot be
And there are storms we cannot weather

I had a dream my life would be
So different from this hell I’m living
So different now from what it seemed
Now life has killed the dream I dreamed.

ファンテーヌが描いていた夢、そして逃げ出したくなるような現実はどんなものなのか。『レ・ミゼラブル』是非、劇場でご鑑賞ください!

ちなみにこちらは海外ドラマ『glee/グリー』キャストが同曲を歌っているシーンです。
レイチェル(リー・ミッシェル)もシェルビー(イディナ・メンゼル)もブロードウェイ経験者なだけあって、歌唱力に圧倒されてしまいます!

Comments are closed.