『ワタシネマ』の管理人、ファイアンめぐみです。

ずっと観たかった映画、向井理さん主演の『僕たちは世界を変えることができない。』あぁ~すっごく良かった!!

あらすじは至ってシンプルなのですが、 主人公のコータ(向井理さん)が辿る道を、私たち観客も一緒に辿り、カンボジアが、そしてカンボジアでコータを待っている人たちが非常に身近に感じられます。

何気ない日々を送っていた大学生達が、現状を変えるために決心したのが「カンボジアに学校を建てること」。目標金額は150万円。サークルを作り、協力者を募るも、なかなか募金が集まらず、意気消沈するコータとその仲間たち。

「思いつきでサークルなんて作るな」
「日本国内にだって力を必要としている人がいるんじゃないの?」
「就職に有利だと思って入ったけど、面倒くさい…」
「もっとちゃんとした理由があると思った」
などなど、いろいろなバッシングを受けてしまいます。

ボランティア活動やNPOの活動は、日本でもようやく広まりつつありますが、時間がある人たちだけがやることと思われがち。さらに、マニュアルはないし、経験者も少ないので、何をどう始めればいいのか分からない。最初の一歩を踏み出しても、長続きしなかったり、気持ちが冷めてしまったり。

コータもこのような壁に何度もぶつかります。「もういいよ…」ってくじけたくなる…
けれど、コータを後押ししたのは、カンボジアで出会った子ども達やガイドさんでした。

実際にカンボジアに行って、そこに住む人々の生活に触れ、彼らが辿った歴史を学ぶことは、すごく大切なんだと思います。ニュースで聞いたことや、雑誌やポスターで見たことって、やっぱりどこか別の場所の出来事のような気がするから。自分の目で見て、耳で聞いて、誰かの問題を「自分ごと」にする。そうすると、問題の危機感が分かる。ほうっておけなくなる。

「何かをしたい!」「ボランティアをしたい!」「社会貢献したい!」と思っている人は多いかと思います。でも、毎日のことで忙しかったり、偽善者ぶってると思われたくなかったりと、何もやらない言い訳はいくらでもありますよね。そういう時は、実際にその場所に行くのがイイのかもしれない。当事者の話を聞くと、今自分が悩んでいることなんてちっぽけな気がしてくる。

誰かが自分を必要としてくれるという真実は、何よりも大きな原動力になり得るのだなぁっと、改めて実感しました。きっと誰でも人の役にたちたいはず。マニュアルなんてどこにもない。コータのように、模索しながら、悩みながら、ケンカしながら、仲間と一緒に一歩一歩進んでいくしかないのかも。

自分の幸せのためでなく、誰かの笑顔のために。

Comments are closed.