8月に入ってしまいましたね。皆さんいかがお過ごしですか?
今回は、またまた私のプライベートをご紹介します。

猛暑続きで外遊びができない娘が今はまっているのが、お店屋さんごっこ。しかもドーナツ屋さん。

今までは娘がレゴで四角いドーナツを作り、私が「下さいな~」と言うだけのゲームだったのですが、そろそろお金について教えようと思い、おもちゃのお金を買ってきました!(100円均一です)

子供銀行の紙幣は非常にリアルな手のひらサイズ。硬貨は残念な色ですが…

私達がやっている「ドーナツ屋さん」はこんなかんじ。
① ドーナツ屋さんがドーナツをレゴで作り、値段を決めます
② お客がお金を持ってドーナツを買いにいき、高いなぁ~と思ったら、値段交渉もします
③ 買ったドーナツを食べるふりをしながら、レゴを1ピースづつに壊していきます
④ ドーナツが売り切れに なったら、バラバラになったレゴの「小麦粉」をドーナツ屋さんに売りに行きます
⑤ ドーナツ屋さんがまたドーナツを作ります

ポイントは娘自身に値段を決めさせることと、レゴでドーナツを作ること。自分で値段を決めると、お金を受け取る時に金額をしっかりチェックしてくれます。レゴなら味も大きさも好きなものが作れます。娘のお気に入りは赤=いちご、青=ブルーベリーです。娘は「小麦粉」からいろんな味のドーナツを作る作業が大好きです。

現在3歳7ヶ月になる娘。お金の概念を理解するにはちょっと早いかもしれないけれど、楽しく遊んでいるのでいいのかなと。

娘が将来、ちゃんと自分のお金を管理できる自立した女性に育ちますように!

ちなみにこちらは幼稚園のバザー用に作ったフェルトドーナツ。こういう小物っていくらで売るのかしら?

Comments are closed.