1942年に行われたパリ市内でのユダヤ人一斉検挙、「ヴェルディヴ」の犠牲となった少女サラと、強制収容された家族のアパートを借りることになったジャーナリストのジュリアのストーリーが交錯する映画、『サラの鍵』。ある歴史の接点が真実を紐解き、人々を結びつけ、明日を生きる希望の光と変えてくれる物語です。

あらすじ
1942年7月、パリ警察によるユダヤ人一斉検挙が行われました。検挙の朝、サラは怖がる弟を納戸へ隠し鍵をかけます。弟が検挙の犠牲にならないようにと、すぐに戻ると約束をして。サラと両親はその後、冬季競輪場「ヴェルディヴ」に収容され、トイレも使えない、飲み水も食料もないという想像を絶するような空間に閉じ込められます。過酷な生活環境に耐えられず自ら命を落とす人や心を病む人を尻目に、サラはひたすら弟の安否を気遣います。彼女は弟に再び会うことができるのでしょうか?

現代、夫の祖父母から譲り受けたアパートへの引越しを決めかねているジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)。アパートについて調べていると、ある事実が明らかになります。以前このアパートには、1942年にパリ警察に強制検挙されたユダヤ人一家が住んでいた―― 偶然にも強制検挙の記事を任されていたジュリアは、特別な糸に導かれるように、当時アパートに住んでいたサラという少女にたどり着きました。サラの両親の死亡は確認できたのですが、サラと弟のミシェルの死亡記録が見当たらない。彼らの安否は? 彼らの行方は?

 

「ヴェルディヴ事件」をネットで検索してもあまりヒットはありません。おぞましい権力に翻弄された人々の物語は今まで公に語られていなかったということでしょうか。醜い事実を隠そうとする行政、そして、歴史に全く興味を示さない現代人。どちらにも非があると私は思います。かく言う私も歴史に興味を示さない現代人の一人なのですが。残酷な歴史を掘り起こして社会が良くなるの? 誰かが幸せになるの? と聞かれると答えられない自分がいます。

夫から同じような質問を受けたジュリアは、家族が犠牲になるかもしれない、誰かを傷つけてしまうかもしれないと知りながら、国境を越え、歴史に触れ、過去に感情移入していきます。サラという少女の存在を知ってしまった以上、彼女を昔の人として終わらせたくない。好奇心ではなく、使命感をもって行動するジュリアを見習いたいと思いました。そして彼女のように、自分の信念を貫き通せる強さと行動力を発揮できる女性になりたい。

取材の一環としてジュリアはホロコースト記念館を訪れます。壁一面に貼られた子ども達を思うと、押しつぶされそうになるような空間。記念館の管理人がジュリアに、「僕は(犠牲となった)子ども達に番号ではなく、顔や生い立ちをつけてあげたい」と語るのがとても印象的でした。

愚行を覆い隠すのではなく、真実を認め、教訓を学ぶことこそが、醜い歴史を繰り返さないための最善策。歴史を数字や年史で暗記するのではなく、その時代を生きた人々の物語として捉える事は、これからを生きる私にとっても重要なこと。

『アンネの日記』『エレーヌ・ベールの日記』といった書物から、『黄色い星の子供たち』『縞模様のパジャマの少年』などの映像作品まで、ユダヤ人迫害を扱った資料はこの映画の他にも沢山あります。これから少しずつ理解を深めていきたいと思います。

Comments are closed.